バリスタに関する基礎知識!コーヒー資格の必要性とは

バリスタにはコーヒー資格は必要か?カフェ開業を目指す方へ

コーヒーの資格は色々

コーヒーに携わる仕事を将来的に目指しているのであれば、コーヒーの資格にどんなものがあるかを知っておくべきでしょう。これから紹介するのは、コーヒーの資格でも代表的な資格になります。

バリスタに関する基礎知識!コーヒー資格の必要性とは

バリスタ

バリスタってどんな仕事?

バリスタとは、コーヒーやそれに付随する知識を幅広く熟知し、バールやカフェまたはレストランなどでお客様に自身が淹れたコーヒーを提供するスペシャリストです。日本においてはバリスタはコーヒーを入れるだけと認識されがちですが、本来バリスタはイタリア語で「バール(給仕する人)」を意味しており、接客のプロでもあります。

コーヒー

バリスタに必要な資格

バリスタには国家資格はありませんし、民間資格の中でも特に必要という資格もないです。しかし、実際にバリスタとして活躍するには、カフェ専門学校などでコーヒーの資格を取得した方が無難でしょう。バリスタに関連する民間資格はコーヒーマイスターとJBA認定バリスタライセンスの2種類です。

バリスタ

カフェ専門学校の魅力

カフェ専門学校では、プロのバリスタ講師が授業に携わっており、卒業するまでにコーヒーやカフェ開業に関する知識や技術を徹底的に学ぶことができます。また、コーヒーの資格取得にも力を入れているため、検定試験の合格率も高いです。もしも、将来的にバリスタやその他のコーヒーに関わる仕事に就きたいなら、カフェ専門学校へ入学するといいでしょう。

広告募集中