競馬学校の騎手課程は倍率が高い!合格するためにできること

騎手を目指すなら競馬学校へ!~1流の騎手になるために~

色々ある職種

競馬に関連する仕事には様々なものがあり、代表的な職種としては「騎手」「厩務員」「JRA職員」といったものが挙げられます。将来的に競馬に関わりたいと思っている方は、それぞれの職種の特徴について知っておきましょう。

競馬に関わる仕事の種類

騎手

日本における騎手は競馬法に基づき、農林水産大臣の認可を受けたJRAとNARが実施している試験に合格し、免許を交付された方のこと指します。騎手の仕事内容としては、競走馬に跨り操縦し、レースに参加するということが大部分を占めています。

厩務員

厩務員は馬の世話をする方のこといい、競馬においては厩舎に所属し、レースまでに馬の体調管理を万全に整えることが主な仕事内容になります。厩務員の給料形態は少々特殊で、厩舎から与えられる給料にプラスして担当馬の賞金の5%が月々の手当として支給されます。

JRA職員

JRA職員とは日本中央競馬会に在籍する職員のことをいい、騎手になったり、厩舎に勤めたりすることはできませんが、競馬業界を裏方から支えています。基本的な仕事としては事務職の求人が多いのですが、建築に関わる技術職や馬の健康を守る獣医職なども同様に募集しています。

競馬学校の騎手課程は倍率が高い!合格するためにできること

競馬

様々な年代に愛される競馬

現在、日本において競馬は若い世代をはじめ、シニア世代の方でも楽しめる競技でメディアにも報じられるほどの人気ぶりです。競馬業界はそれほど注目されており、競馬に関わる仕事や職業の需要も高まっている現状です。その為、競馬に関心がある方の中には、騎手や厩務員といった職業を目指す方もいるのです。

騎手になるのは難しい

競馬に関わる仕事はいくつかありますが、中でも「騎手」は一番人気が高い職業で、競馬学校の騎手課程では倍率が30倍を越えることもあるそうです。しかも、競馬学校の騎手課程は誰でも受けられるというわけではなく、年齢が20歳未満・体重が44㎏~46.5㎏・視力は両眼とも裸眼で0.8以上と条件自体も厳しく、プロの騎手になれるのは一握りと言っても過言ではありません。

騎手を目指すなら専門学校へ

騎手学校へ進学するための予備校として、専門学校へ通うというのも1つの道です。専門学校では騎手課程を合格するために、専門性の高い受験対策を行ってくれますし、身体能力の向上にも努めてくれます。その為、専門学校の卒業生から騎手になるという方も多いのです。騎手課程への合格は独学では厳しい部分もありますので、騎手を本気で目指しているという方は専門業者へ通うといいでしょう。

広告募集中